先輩社員の入社理由

谷口和則社長からサポートしてもらえないかという言葉を頂いたこと

志望動機、入社の経緯、入社の理由

株式会社谷口実業:Eさん

当社との最初の出会いは、今からおよそ14年前に遡り、私の前職である会計事務所の時でした。私が当社を担当しており、8年間お世話になっておりました。毎年、着実に業績を伸ばしており、経営者としてもかなり若い社長様で、会計事務所の顧問先の中でも、かなり上位の顧問先として、本当になくてはならない存在でした。

担当として、関与できる喜びを感じているのと、同時に成長著しい会社の内部に入って、もっと企業の成長に貢献できたらという夢も抱き始めておりました。時は経つにつれて、企業を外部からサポートするより、実際に内部に入って会計事務所勤務の経験と更に前職の金融機関勤務の経験を活かしたいと夢を抱き、会計事務所を退職することに決めました。

長年お世話になった当社とも別れなくてはならないことになってしまいました。長年お世話になった谷口和則社長をはじめ経理の方々等にも最後の挨拶をさせていただくことになりました。本当に申し訳ない気持ちでしたが、しっかりけじめをつけて次に向かって挑戦しようと思いました。

そこで、サプライズが起きました。谷口和則社長より、もっと近くでサポートしてもらえないかというお言葉をいただきました。転職はしてきましたが、大学を卒業してから間を全く空けることなく、社会人として頑張ってきたご褒美だと思い、即答にて入社志望の旨を伝えさせていただき、後にめでたく入社という運びになりました。

私の家族も、転職に関しては心配していましたので、すごく喜んでおりました。

関連記事